SMD 工房

ファームウェアについて

VMCをさまざまな機能をサポートするために各種ファームウェアを用意しています。
動作させたいファームウェアをダウンロードしてファイルを解凍したら、ダウンロード方法に従ってVMCにダウンロードしてください 。

Megadrive Emulator

Megadriveを動作させるためのファームウェアです。下記からダウンロードしてください。
MegaDrive Emulator Firmware

システムメニューはキーコンフィグ(1~3まで選べます)が増えています
MD System Menu

Game Gear / Master System Emualtor

Game Gearまたは Master Systemを動作させるためのファームウェアです。下記からダウンロードしてください。
GameGear / MasterSystem Emulator  Firmware

拡張子が.ggの場合はGame Gear、.smsの場合はMaster Systemが起動します。

Famicom Emulator

Famicomを動作させるファームウェアです。下記からダウンロードしてください。
Famicom Emulator Firmware

システムメニューはディスク面の選択が増えています
FC System Menu

ディスクシステムを起動するにはBIOS ROMをdisksys.romというファイル名でSDカードのルートに置いてください。
(ファイル属性を隠しファイルに変更しておくと、ファイル一覧から見えなくなりますのでお勧めです)
拡張子が.nesがROM、.fdsがDiskSystem、.nsfは音源再生になります。

NEOGEO Emulator

NEOGEOを動作させるファームウェアです。下記からダウンロードしてください。

NEOGEO Emulator Firmware

NJEMUベースですのでrominfo.mvsをルートに置いてください。ROMもそれに合わせたzipを用意 してください。

BIOSはJapan AESを使いますので、それに合わせたBIOSを圧縮してneogeo.zipとしてルートに置いてください。

解凍状態で合計32MByte以上になるゲームは起動できません。

まだステートセーブロードには対応していません。

PC-Engine Emulator

PC-Engineを動作させるファームウェアです。下記からダウンロードしてください。

PC-Engine Emulator Firmware Ver1.1

CD-ROM2を起動するにはSYSTEM ROMをsyscard3.pceというファイル名でSDカードのルートに置いてください。
(ファイル属性を隠しファイルに変更しておくと、ファイル一覧から見えなくなりますのでお勧めです)
拡張子が.pceがHuCard、.cueがCD-ROM2になります。CD-ROM2は cueシートから実体のイメージを参照しますので、イメージも 置いてください。
CD-ROM2対応はβ版です。動作しないソフトや、読み込み時の処理落ちなど制限事項があります。
SuperGrafxには対応していません。

MSX Emulator

MSXを動作させるファームウェアです。下記からダウンロードしてください。

MSX Emulator Firmware Ver1.4

MSXを起動するにはMSX2J.ROM、MSX2JEXT.ROMが必要です。FM音源を鳴らす場合はFMPAC.ROM、ディスク対応 の場合 はDISK.ROMが必要です。
それぞれSDカードのルートに置いてください。
(ファイル属性を隠しファイルに変更しておくと、ファイル一覧から見えなくなりますのでお勧めです)

システムメニューはKEY CONFIGの設定を追加しています。
MSX SystemMenu

KEY CONFIGにカーソルを合わせて、変更したいキーを押すとハイライトが移動しますので、その状態で左右キーを押すと変更できます。
SはSLEEP、MはMODEという意味です。(ボタンの位置と表示位置を合わせてあります)
方向キーとABボタンは、そのままJOYSTICKに割り当ててあります。(ABは入れ替え可能です)
ABボタン選択中にもう一度ABボタンを押すと下にAutoの表示が出て連射モードOnになります。(押すたびにOn/Offできます)

RESETは左右キーでMSXのモードを変えられます。(PATCHはディスクBIOSのパッチを当てます)
とりあえずfMSXと同じ名前のROMを置いておけば各モードでは動作しますが、MSX2でしか動作確認を行っていません。
PALのROMには対応していません。NTSCのROMを使用してください。

動作中のディスク交換はFILE SELECTから行ってください。

PC88 Emulator

PC88を動作させるファームウェアです。下記からダウンロードしてください。

PC88 Emulator Firmware

PC88を起動するにはpc88.rom、kanji1.romが必要です。
リズム音源を鳴らす場合は2608_bd.wav、2608_hh.wav、2608_rim.wav、2608_sd.wav、 2608_tom.wav、2608_top.wavが必要です。
それぞれSDカードのルートに置いてください。
(ファイル属性を隠しファイルに変更しておくと、ファイル一覧から見えなくなりますのでお勧めです)

システムメニューはKEY CONFIGの設定を追加しています。
PC88 SystemMenu

KEY CONFIGにカーソルを合わせて、変更したいキーを押すとハイライトが移動しますので、その状態で左右キーを押すと変更できます。
SはSLEEP、MはMODEという意味です。(ボタンの位置と表示位置を合わせてあります)

動作中のディスク交換はDRIVE1、DRIVE2にカーソルを合わせて左右キーで変更できます。
FILE SELECTはD88ファイルを選択するので、ディスク交換だけではなくリセットがかかります。
リセットせずにディスク交換する必要がある場合は、D88ファイルを連結ファイルにしておいてください。

RESETは左右キーでPC88のモードを変えられます。

Super Famicom Emulator

Super Famicomを動作させるファームウェアです。下記からダウンロードしてください。

Super Famicom Emulator Firmware

システムメニューはKEY CONFIGの設定を追加しています。
SFC SystemMenu

KEY CONFIGにカーソルを合わせて、変更したいキーを押すとハイライトが移動しますので、その状態で左右キーを押すと変更できます。
SはSLEEP、MはMODEという意味です。(ボタンの位置と表示位置を合わせてあります)

特殊チップを使用したゲームには対応していません。特殊チップを使用していないゲームでも、動作しないソフトや、処理落ち、画面上部のノイ ズなど制限事項があります。

VGM Player

VGMを再生するためのファームウェアです。下記からダウンロードしてください。
VGM Player Firmware Ver1.1
VGM Player
ファイル一覧には.vgmと.vgzの拡張子のファイルしか表示されません。
鍵盤右側のベロシティメータは水色がPSG, 緑がFM、紫が波形メモリ、黄色がPCMです。
PCMのチャンネル数の多いシステムは鍵盤下側にベロシティメータを表示します。
鍵盤は12チャンネル、PCMは32チャンネル表示できますが、表示しきれなくても音は出ます。
Ver1.1変更点
メモリに入りきらない場合はエラーを出すようにしました。
SSGのVolumeを調整できるようにしました。

MDX Player

MDXを再生するためのファームウェアです。下記からダウンロードしてください。
MDX Player Firmware
MDX Player
ファイル一覧には.mdxの拡張子のファイルしか表示されません。
圧縮PDX対応、PCM8対応です(鍵盤上は1音目しか対応しませんが、音は出ます)

MP3 Player

MP3を再生するためのファームウェアです。下記からダウンロードしてください。
MP3 Player Firmware

MP3 Player